バストの大きさは遺伝なの?

バストの大きさは遺伝?大人になってからでも大きくできる?

「バストのサイズは遺伝で決まるのか?」

たしかに、自分だけではなく、母や姉妹も痩せ型でバストが小さい…という人の話をよく聞きます。

しかし逆に、姉妹の中でひとりだけ胸が大きいという人もいますよね。

他の体質などと同様、バストの大きさも遺伝する場合もあるけれど、バストサイズそれだけで決まるわけではないんです。

むしろ、先天的に持った体質の違いで決まると考える方が正しいでしょう。

先天的な体質とは、乳腺の量や脂肪の付き方などです。

乳腺の量が少なければその分、バストは小さくなります。乳腺の量を大人になってから増やすことはできません。

「じゃあ結局は、生まれつきサイズは決まってるってことじゃないの?」と思うかもしれませんが、

先天的な体質の他にもバストの大きさに影響を与える「後天的な要素」があります。

バストサイズに影響を与える後天的な要素とは?

その主たるものが生活習慣です。たんぱく質や野菜をあまり摂らないなど食生活が偏っている・タバコを吸う習慣がある・姿勢が悪い…など、バストが小さくなる理由は意外にたくさんあるのです。

先天的に乳腺量が少ない人がこのような生活を送れば胸が小さくなるのは当然のことでしょう。

また無理なダイエットなどをして体脂肪率が低くなりすぎると肉が落ちるだけではなく、女性ホルモンの分泌も減ってしまいます。

なので、痩せすぎや運動のしすぎにも注意するようにしましょう。

大人になってバストが小さいと悩んでいるなら、まずは生活習慣や食生活を見直してみましょう。

それに加えて適切なマッサージやエクササイズをすることによって、大人になってからもバストを大きくすることはできます。